FC2ブログ

マウンテンバイクの選び方~ダート、山、クロスカントリーなど未舗装路走行の場合

マウンテンバイクの選び方~ダート、山、クロスカントリーなど未舗装路走行の場合

通勤・通学やロングサイクリングなどでマウンテンバイクに乗ることが多い人の場合、山の中などの未舗装路より普通の舗装路を走ることが多くなると思われるので、極端な話、マウンテンバイクよりもクロスバイクのほうが向いていると思う。

だが、早く走るためだけが目的ではなく、また、マウンテンバイクのスタイルにほれ込んでしまった、というユーザーも多いと思われる。
悪路を走るために作られたマウンテンバイクだが、舗装路を走ることでも問題は全くない。

ロードレーサーのように段差ひとつにしても気を使いすぎることもないだろう。
通勤・通学・サイクリングでは、山の中・クロスカントリーなどに比べると傾斜している路面や舗装されていない場所、滑りやすい路面などは少ないと言えるのでマウンテンバイクの足つき性と言う面はそれほど重視しなくてもかまわないだろう。

とはいっても、まったく足が地面に届かないのはやめた方がよい。

また、クロスカントリーのように瞬時にハンドルを切ることなどもほとんどないとおもわれるので、そういう場合のマウンテンバイクのフレームは多少大きめでも問題はない。

フレームが大きい利点として直線安定感は増加する。

また、街中の舗装路や通勤通学、山の中、クロスカントリー、どんな場面でも一台のマウンテンバイクで行きたい思っている方は、サドルの高さの調整が幅広くできるものを選ぶことがまず大事である。

と言うのは、フルサスマウンテンバイクの中にはこのサドルの高さ調整の幅がとても狭いものもあり、大幅にサドルの高さを変える場合はシートポストごと換える必要があるものまであるのだ。

一般的に、一般道などの舗装路を走る時はある程度のサドルの高さが必要であり、未舗装路や山の中など足付き性を重要視するケースではサドルを大幅に下げることができないととても乗りにくく、危険も伴うからだ。

最後に下りが多いというフリーライド・ダウンヒルの場合、足付き性がとても重要な要素となり、また、ハンドルの取り回しのよさも優先させる必要があるので、マウンテンバイクのフレームは小さ目のものを選ぶ方が失敗が少ない。

今までのシチュエーションと比べ、サドルの位置も相当低くなるので、通勤・通学やロングサイクリングなどと一台のマウンテンバイクで共有することはちょっと困難になるかもしれない。

このように、マウンテンバイクを乗る、その目的もいろいろあることがお分かりいただけただろうか。

乗る人の体格にあったもの、その目的に合うマウンテンバイクを選ぶこと、これがマウンテンバイクに限らず、自転車選びの基本となることをお伝えできればと思う。

テーマ : 悠々生活応援隊
ジャンル : ライフ

tag : レース 自転車店 日記 ブログ I've B'z しまむら GRILL'OR L'Arc~en~Ciel

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード